熊谷市指定有形民俗文化財「愛染明王」は、江戸時代以降、
「藍染」と「愛染」の関わりから関東一円の多くの染物業者が参拝し、額の奉納や、愛染堂の修復費用などを提供してきた庶民信仰の歴史を示しています。
商売繁盛、縁結びや恋愛成就、安産や子育てなど多くの願いを受け止めながら今日に至っています。

縁日 2017年2月25日(日)

2015年、10年ぶりに愛染明王の縁日が復活して以来、多くの皆様の語居力で念願の修復工事も終わり、落慶式を催すことができました。今回4回目の縁日になります。縁日では、愛染堂での大護摩供養、虫封じが予定されてます。ぜひ、皆さんのご来場をお待ちしています。

日時:平成30年2月25日(日)
午前10時~午後3時
会場:宝乗院「愛染堂」および下川上自治会館(熊谷市下川上33)
交通機関:熊谷市ゆうゆうバス:ムサシトミヨ号
(熊谷駅南口発車時刻7:50・10:47・13:52)
 バス停「下川上」下車 徒歩5分、
国際十王バス 犬塚行き(熊谷駅北口)
バス停「下川上」徒歩8分
駐車場:愛染堂西側特設駐車場・星宮公民館
主催:愛染様ご縁日保存会(仮) 宝乗院 


プログラム
大護摩供養 10時- (於:愛染堂)
虫封じ (於:愛染堂)
愛染明王の公開
藍染絵馬などのパネル展示解説

 問合せ先 新井 090-5192-34891